「AAA-APloud」導入事例のご紹介

AAA-APloud

トップページAAA-APloud > AAA-APloudモデルケース

日雑品卸売業「AAA-APloud」

プロジェクトテーマ/ 導入背景
クラウドWMSの利用により、安価に短納期で安定した物流運用を提供
  • 物流運用コストの削減(運用カイゼン)
    押しあがる物流コストを低減するため、カイゼン活動の必要性
  • 物流サービス品質の向上
    誤出荷の発生、出荷ロットの逆転など、サービス品質向上への取り組みの必要性
  • SCM最適化への対応
    移り変わりの激しい商品サイクル、物量の変化に対応できる物流システムの必要性
取り組み課題・取り組み内容
  • WMS導入と同時に物流センター運営のカイゼンを実施
    商品の目視検品による現物確認のムダ、不十分であったロケーション管理による探すムダ、など現場のあらゆるムダを削減し、運用コストを削減。
  • 低コストのクラウドWMS導入によるシステム投資を低減
    初期投資を抑えたクラウドWMS導入、高額な構内LAN配線工事を行わずにモバイルルーターを活用した通信設備
  • 物流品質の向上
    ハンディターミナル導入による、作業品質の向上、リアルタイムの在庫状況、作業状況の見える化を実現。
    賞味期限管理、入出荷日の管理、先入れ先出しの徹底。
  • PDCAカイゼン活動を継続的に支援
    作業コストと作業品質のカイゼンを継続的に支援
導入効果
  • 業務の整流化
    • 事務作業、現場作業の効率化・スピードアップにより、物量・アイテム増加への対応も可能に
  • 作業の標準化
    • 情報機器(ハンディ)への作業指示による作業手順の標準化
    • ハンディターミナルを活用したデジタル検品により、出荷品質(ピックミス、ロット逆転など)の向上
    • 賞味期限管理、入荷日管理、先入先出の徹底
  • 見える化
    • リアルタイムなロケーション別/ロット別在庫の見える化
    • ステータス毎の作業進捗、現場作業の遅れ・漏れをリアルタイムに見える化
  • AAA-APloud(エースリーアプラウド)
ページトップへ